【MLB】大谷翔平 前半の2ヶ月は大活躍も打撃では欠点が目立つ

今年からMLB(大リーグ)に挑戦している大谷翔平選手は、前半の2ヶ月(4月・5月)は二刀流で大活躍し、その評価は日増しに上がっていた。

その2ヶ月の成績は、投手で4勝、打ってはホームラン6本、打率も3割近く(0.291)、10勝・ホームラン10本も確実視され、かっての二刀流のベーブルースの再来とも言われた。

しかし、6月初旬に右肘の違和感から故障者リスト入りをして、10勝がほぼ絶望的になり、打撃においても欠点を見抜かれて、4月・5月のような成績を上げられなくなっている。

大谷翔平の前半の良さ

前半の2ヶ月は相手投手が大谷を知らないこともあり、けっこう良い打撃が出来た。

 ・現在12勝しているヤンキースのセベリーノのインコースのフォーシームをホームラン
 ・センターオーバーのホームランが3本ぐらいある
 ・レフト線へのヒットもあり、広角に打てていた

大谷翔平の打撃フォームの欠点

大谷の打撃ホームは構えた位置で体が回転する傾向にあり、踏み込む打撃をまったくしていないので、特に左投手の体から遠ざかっていくボールが打ちにくい。

・これは故障者リストから復帰した7月4日以降に顕著となり、左投手の外角寄りの
 ボールに対し、お尻を後方に引く最悪のフォームでまったく打てなくなった。

・右投手に対しても、真ん中低めや外角寄りのボールに対して、踏み込まず引っ張る
 打撃の一辺倒なのでボールにと届かないとか、当たってもバットの先端に当たるのが多い。

打撃フォームの改善点

大きく変える必要はないと思うが、気持ちをちょっと変えるともっと打てるようになると思う。

・引っ張り一辺倒のように思われるが、センター方面に打つようにすれば、
 真ん中低めも外角も打てるようになるはず。

・上記の意識を持てば、お尻を後方に引く欠点も無くなると思う

いや~驚いた!

実はこの記事を書いているとき、大谷選手が7回の裏に代打で出場、3対3の同点でノーアウト、
投手は右腕なので比較的打ちやすい場面ではある。

見ている限りではどうかなと思ったが、2ストライク2ボールから6球目のインコーナーから
やや真ん中に入る膝元のツーシームをセンターオーバーのホームランにしてしまった。

これで7号ホームラン、5月18日の6号から実に1ヶ月と20日ぶりのホームランである。

今後、故障が無ければ10ホームランは間違いなくいけそうに思う。

やっぱり大谷翔平は、持ってるね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする