汗が出る運動を習慣化!代謝が良くなり疲れない体作りに最良!

汗が出る程度の運動を習慣化すると新陳代謝が常に促進され、体の細胞も若返り疲れない体作りや多くのメリットがあります。

運動はやりすぎると体を痛めることもありますので、軽い負荷の運動で汗が出て、しかも自宅でいつでも出来る方法が習慣化しやすいと思います。

今回紹介するのは自宅で簡単に汗がかける運動で、多忙で外での運動が難しい人に適した方法をご紹介します。

汗が出る運動を習慣化するメリット・デメリット

体に一番良いのは汗が出る運動を継続して、常に体の細胞を活性化するすることです。

冷や汗や夏の暑い時期に自然出る汗も悪いとは言いませんが、意識して体を動かし汗をかくのが最も体に良いのです。

汗をかく運動のメリット

・代謝が促進されるので常に体の細胞が新しいものに入れ替わり老化予防になる
・体内の有害毒素が汗と共に排出される
・筋肉の強化が促進され疲れにくい体作りができる
・便秘改善にも貢献
・細胞が活性化するので性力の減退予防に効果大

汗をかく運動のデメリット

・運動をやり過ぎると体を痛めるので要注意

それ以外には、デメリットが思い付きません。

汗をかく運動の習慣化の必要性

体を健康に保つのに最も有効な手段は、常に体の細胞を新しいものに入れ替えていくことで、これには運動によって汗をかくのが最良だと思います。

よって、これを実現するには運動を習慣化することに繋がり、春夏秋冬1年中続けることが体に良いこととなります。

でも、1年中続けるのは非常に難しいこと、筆者の体験から週3~4日ぐらいの習慣化でも充分健康に良いと感じています。

オススメの室内運動を紹介

屋外の運動ならゴルフクラブ・バット・テニスクラブなど素振り、ウォーキング、ジョギングなど幾つも紹介できますが、私が行っている室内運動は次のように僅かしかありません。

運動前には必ずストレッチ

体を痛めないために運動・スポーツの前には必ずストレッチを行うように習慣化しています。

行うストレッチは前屈、腰回し、肩回し、脚裏伸ばし、手首の柔軟など自分で決めた方法で体を柔らかくします。

私は体が硬い方なので必ず行っており、これで汗はかきませんが体は温まります。

短尺クラブでの素振り

私の趣味の一つにゴルフがありあますが、そのトレーニングも兼ねてを短尺クラブでを素振りをやっています。

これで左手だけで素振りを20回、次に右手だけで20回、両手で20回、これを2セット行っていますが、時間は10分程度で出来ます。

長さは約80cm、重量は約1kg、けっこういい運動になります。

天気が良ければ外に出て普通のクラブで素振りをしていますが、天候が悪い日は室内で短尺クラブ素振りです。

春・夏・秋なら簡単に汗がかけますが、冬の場合はちょっと多めの素振りをしないと汗はでません。

まとめ

今回は私が日頃やっている手軽に汗をかく運動を紹介しましたが、どんな運動でも良いので習慣化して汗をかけば、代謝が良くなり疲れない体が作れます。

若いうちはそれほど気にしなくてもいいと思いますが、人間40歳を過ぎる頃からは適度な運動をして代謝の促進をしないと体の衰えが早まり、疲れやすい体になっていきますので要注意です。

とにかくどんな運動でも良いので見つけて汗をかく、これが若さを保ち疲れない体にするコツですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする