硬い便の対策は即実施!その後スムーズな排便を継続する方法

硬い便がたびたび起こる便秘の状態は、特に中高年の人には大腸がんに繋がる緊急事態と私は捉えています。

それゆえ放置せず対策は緊急に行い、スムーズな排便を継続くしていく方法を会得することが、長く健康で快適に過ごす秘訣でないかと思います。

60歳頃から頑固な便秘に悩まされた私は、これまでいろいろな対処法を試した結果、便が硬くて出ない時の対処法、そしてスムーズな排便を継続する方法を会得し、現在は排便もスムーズで毎日バナナ2~3本分の便通があり快調な日々を送っています。

でも、人間の腸内環境は日々変化しますから、いま快調であってもいつ便秘になるかわかりませんので、状況に応じて即対応できるようにしておくのが、大腸がんの予防が的確に行えると考えています。

スポンサーリンク

便が硬くて出ない時の対処法

男性も40歳ぐらいから体力・筋力も落ち始め、腸内の動きも次第に鈍くなり始めるので、便が硬くて出ない時に放置していると更に便が出にくくなって、苦しい状態に陥ることがあります。

従って例えば、いつも出ている便が固くなって出ない時は、即対策を打つことが快便に繋がります。

私の場合は、まず「浣腸」を行い、それでもダメな場合は「コーラック」を飲むことで、毎日の快便を継続しています。

まずは浣腸で対策

硬い便といっても程度は様々で市販の「イチジク浣腸」で簡単に排便できることがあります。

しかし、高齢になると浣腸ではなかなか解消しないケースも多く、このような場合は次の一手を持っておくことで、早期に対処出来るようになります。

次の一手はコーラックⅡ

頑固な便秘は即解決することを「信条」にしている私は、浣腸で解決しなければ「コーラックⅡ」を使用することにしています。

これで頑固な便秘も解決、今まで失敗したことはありません。

 詳細はこちらに記載⇒便が硬くて出ない!コーラックⅡを2錠飲んでスッキリした体験記

スムーズな排便を継続する方法

毎日、バナナ2本~3本くらいの排便が継続できれば、気持ちよく生活できることに疑いはありません。

しかし、これがなかなか難しく多くの人が便秘で悩んでいます。

それは個人個人が食べるものが異なり、生活や環境も異なり、腸内環境も千差万別だからです。

従って、便秘対策も個人個人の腸内環境に合った方法を見つけなければなりませので、私が紹介する方法が全ての人に合致するとは思いませんが、いま私は毎日どっさりで快調なので、これから紹介する方法が合致する人も多くいるはずです。

良質の水溶性食物繊維「粉寒天」で快便を継続

水溶性食物繊維は水に溶けるので、腸内の食べ物の水分をゲル状にして便をスムーズに排出します。

私が使用しているのは朝日の「粉寒天」、朝夕の味噌汁に小サジ1杯づつ入れて飲んでいますが効果は抜群です。

 詳細はこちらに記載⇒便秘解消に最適な粉寒天のおすすめは朝日200g!水溶性食物繊維の効果を実感!

朝日の粉寒天の価格は、楽天で送料込で2000円強ですが、2ヶ月は使えるので割安です。

次の一手は「菊芋パウダー」で完璧

上記の粉寒天でほぼ大丈夫なのですが、時々お菓子などを食べ過ぎるとやや便が硬くなることがあります。

そのような時に家族の糖尿病対策用として購入した「菊芋パウダー」を1回使います。

菊芋パウダーにはイヌリンという水溶性食物繊維が多量に含まれていて、血糖値を下げたり、便を柔らかくする効果があります。

この菊芋パウダは私にはとても相性が良く、小サジ1杯をヨーグルトなどに入れるだけで、やや固めの便も解消します。

私が使用している菊芋パウダーはこれです(ご参考まで)

まとめ

便が硬くて出なくなると一般的な便秘サプリでは排便が難しいので、私は「浣腸薬」や「コーラック」などを使って硬い便を排出します。

その後は、毎日の快便を目指して見つけた「粉寒天」を使用していますが、調子が悪くなったら次の一手である「菊芋パウダー」を使い、適正量の排便が継続出来るように心がけています

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする