一人暮らしで食事を作るようになったら急に2kgほど痩せた!

一人暮らしで食事を作るようになったら急に2kgほど痩せたので焦っています。

私はこれまで10年以上も標準体重(身長x身長x22=172.5×172.5×22=65.3kg)を維持してきたので、この体重減は体調に影響し好ましくないのです。

一番困るのは標準体重より数kg痩せたら脊柱管狭窄症の症状が悪化して、腰が痛い・足に痺れが出るなどの体調変化に繋がるのです。

なので2kgほど体重を増やそうと努力しているのですが、なかなか思うように増えません。

急に痩せた原因を想定する

急に痩せた原因を探る場合、一番気になるのは病気が原因である場合です。

これは特に内蔵系の病気(がん、他)が気になりますが、取り敢えずはこれは該当しないと考えています。

思いつくのは家庭環境の変化であり、一番の原因は3週間前から一人暮らしになって自分で食事を作るようになったからだと思います。

これまで食事はほとんど家内に作って貰っていたのですが、病気で入院したためです。

そのため食事の内容がお粗末に、さらに1品程度少なくなったのが大きいと思います。

急に痩せた原因を絞り込む

いま考えると痩せたのは幾つかの原因が重なっとことによるものと考えています。

以下、思いつくものを記載していきます。

食事献立が1品減った

従来は家内がほとんど食事を作っていて、10年以上も標準体重を維持出来ていました。

ところが急に私が食事を作ることになり、料理レシピが不足な状態で作っていますので、煮物や炒め物など1品少なくなってしまいました。

糖分が減った

これは家内の病気が糖尿病であったので、糖分をどうしても意識してしまいます。

そのため間食がほとんど無くなり、食事にも糖分控えめになっています。

これも体重が減った原因の一つだと考えています。

ストレスの増大

これも大きいと思います。家内の病状の心配、入院先が高速を使っても45分程度かかり、1日おきで下着などの洗濯・補充のため通っていることがストレスの増大になっています。

標準体重を2kg増やす作戦

脊柱管狭窄症が持病の私は、標準体重より数キログラム減らすと腰痛や足の痺れが出てきます。

従って、今のままではまずいので、これからは体重を減らす対策を進めていきます。

方法は単純で食事献立を1品増やし、糖分控えめもほどほどにします。

まとめ

体重が急に2kg減って困った状態の私ですが、減らしたい人の多い昨今、贅沢な悩みでしょうか?

私の場合は食事内容が1品減った、糖分控え目、ストレス増大が原因ですが、体重を減らしたい・痩せたい方は、これらを適用するのも一手です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする