ヤンキー座りは腰痛改善や勃起力アップに効果があるそうだ!

ヤンキー座りとは分かりやすく言えば、和風式トイレでしゃがむ姿勢(便所座り・アジアンスクワット・うんこ座りともいう)で、昔の日本人の殆どがやっていた姿勢です。

実はこの姿勢が腰痛改善、精力増進、勃起力アップなどの効果があると言われています。

そういえば、最近は様式トイレが普及してヤンキー座りをする人も大幅に減っていますが、腰痛を抱えてている人が多いのも、それが影響しているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

ヤンキー座りの効果

ヤンキー座りを続けると次のような効果あると言われています。
 ・股関節や腰周りの筋肉が強くなり、脊柱起立筋が引き伸ばされて腰痛が改善する
 ・大腿四頭筋が強くなり足腰がしっかりするので老後もよく歩ける
 ・大臀筋や大腿四頭筋を鍛えると精力の増進、勃起力がアップが期待できる
 ・下半身が強くなるので疲れにくい体作りに貢献しそう
 ・血流改善や腸内活動を促進して便秘の改善が期待できる

ヤンキー座りの効果的なやり方、できない人も直ぐできる

ヤンキー座りは足幅を広げるほどやり易いのですが、それでは効果も減りますから一応はある程度の目安を持って行うのが効果的です。

ヤンキー座りの姿勢の目標
絶対にこの姿勢でなければならないと言うことではありませんが、以下の姿勢が効果的です。

・両足の踵を肩幅ぐらいに開き、爪先をやや開く
・踵を付けたままお尻をできるだけ下げて30秒ぐらい保持する

上手く出来ない時は、
・70cm以上の棒を握りなが行うと安定しやすい
・最初はお尻を小さく上下して行うと、次第に足首が柔らかくなりお尻が下がる

まとめ

日本人に腰痛が多いのは、座っている時間が長いからとも言われていますが、洋式トイレが普及した影響も多いのではと思います。

今さら和式トイレに変えるのは難しいと思うので、短時間で出来るヤンキー座りを筋トレとしてやってみるのが良いと思います。

私は脊柱管狭窄症の持病を持っており、今はストレッチでほぼ痛みを解消していますが、その他の効果も期待してヤンキー座りをやっています。

まだ始めたばかりで効果は出ていませんが、1ヶ月は続けて効果を見極めたいと思っています。

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする