NO IMAGE

大谷翔平の二刀流にアメリカが歓喜|後半戦もつつが無い活躍を期待!

MLB4年目の大谷翔平選手が二刀流で大活躍、アメリカで選手やファンに大絶賛されています。これまで前半戦を終えホームラン33本は両リーグで単独1位、投げてはやや勝ち星に恵まれず4勝1敗に留まっていますが防御率は「3.49」でチームではトップです。そして、オールスターでも投打で選ばれホームランダービーにも出場しました。

【WP 】プラグイン更新時に起こるエラーの対処法!ログインできない

ワードプレス(WP)は多くの便利機能がありますが、2種の怖い現象が発生します。それはプラグインの更新時とWPバージョンアップ時に起こり、WEBでの掲載が消えたり、投稿欄が変わってしまい使い難くなります。今回はプラグインの更新時のエラー対策について記載していきます。

ヘモグロビンa1cを下げる運動【ピンク筋スクワットと腿上げ運動】

糖尿病改善ため<b>ヘモグロビンa1c(hba1c)を下げる効果的な運動</b>を探していたが、ピンク筋スクワットと腿上げ運動が良さそうです。当初はピンク筋スクワットのみ実践、より効果を高めるため腿上げ運動を追加、これによりhba1cを「6.8」から「6.5」まで下げることが出来ました。

ゴルフも野球も「体・技・心」-まずはフィジカル強化その上で技術を!

かってスポーツは「心・技・体」と云われ今も信じられている方もいると思います。しかし、これに対してゴルフの青木功氏が「体・技・心」を提唱したのが2010年(日本経済新聞:私の履歴書)、これが日本の一部のスポーツ人に浸透し、今では世界に通用するトップ選手の必須条件になっています。つまり世界のトップクラスと戦うレベルになるには、そのスポーツに適した体を作り、その上で技術やメンタルを鍛えることだというのです。逆にいえば、フィジカルの高い選手との戦いにおいて「技術」だけでは対抗できず、自らもフィジカルを高めてこそ対等に戦えるということなのです。

柔道金メダルの古賀氏が胃がんで急死!その予防法を考える

平成の三四郎と云われた柔道の古賀稔彦さんが亡くなりましたが、原因は胃がんだったと報道がありました。胃がんは、男性の癌における三大死因(肺がん・胃がん・大腸がん)の一つであり、忙しい方が罹りやすい病気です。53歳という若さ、あまりにも早すぎまます、謹んでご冥福をお祈りいたします。

カーテンのカビ予防は窓の結露を減らせば解決!除菌&結露ブロッカー併用

賃貸マンションに移転して1年目、カーテンのカビ予防を怠ったせいで取り替えざるを得ない破目になった。これは窓の結露にカーテンが接触してカビが発生しやすい状況を作ってしまったのが原因です。そこでこの冬は、結露を予防する「結露ブロッカー」とカーテンのカビを予防する「除菌スプレー」を併用して、カビ予防対策を実行しました。

精力が弱くなったら睾丸を揉むと回復?高齢だけど実践したら凄かった!

精力が弱くなった男性の活力回復に、睾丸を揉むのが良いとWEBに記載されていたので、75歳を超えた高齢者にも効果があるか試してみた。睾丸を揉む(マッサージ)主な効果として、血流改善、勃起力・硬度・精液量アップなどの精力増強などが期待できるそうで、高齢男性としても嬉しいことです。ただ、この歳で他人の指導を受けるのは恥ずかしいので自己流でやることにしたが、たったの15日で驚くほどの効果がありました。

便が硬い!原因の一つに食物繊維が多すぎる場合がある

HbA1c(ヘモグロビンA1c)を下げるために「朝フル まご和食」を試していた時に、便がすごく硬くなり毎日の排便に大変苦労した。そしてHbA1cは下がるどころか「6.6」から「6.8」に上昇してしまった。そこで種々調べてみると、便が硬くなる原因の一つに食物繊維が多過ぎる、ことも挙げられており、自分の失敗はこれに該当するのではないかと思った。