筋肉量が少ないと疲れやすい身体になる|簡単に筋肉を増やす食事とは

一般的に痩せ型の人や標準体重(身長 x 身長 x 22)前後の人は、筋肉量が少ないと疲れやすい身体になると思われます。特に40代以上でスポーツなどで鍛えていない場合は、足から筋肉が落ちる傾向にあり、脚力が弱くなり疲れやすくなります。そして、ややもすると膝が痛くなることも起きて、歩くのも困難になって、さらに脚力が落ちる悪循環に陥ります。このような現象に該当する人は、筋肉量を増やして適度な運動を行うと、疲れない身体を取り戻すことが出来ます。

ファミリーエナジーの電話勧誘で電気料金の支払い先変更の話があった!

今日、ファミリーエナジーという会社から電話があり、電気の支払い窓口を当社に変更すると5%ぐらい安くなるとの話があった。 聞いてみると現在の電気代の請求は、東京電力エナージパートナー(株)が窓口であり、電力料金の算定は簡略法で高めの支払いになっているとのこと。 その点、ファミリーエナジーは詳細に計算するので安くなる、従って当社と契約しないかとのことであった。

なす1株の収穫量を増やす!主枝を3本・4本にした場合

家庭菜園も趣味の一つ、今年の夏野菜はキュウリ、なす、ピーマン、ミニトマトの4種類を育てている。この中で育てるのが難しく収穫量が少ないのが「なす」で、昨年の1株当たりの平均収穫量は28個となっている。1株MAX収穫量は47個であるので平均収穫量とは大きくギャップがあり、収穫量のバラツキが大きくなっている。

【腰痛】 やってはいけないストレッチとは・・・ストレッチ中に痛くなる

私は腰部脊柱管狭窄症の痛みや痺れを独特のストレッチで治した経験があり、その体験から「腰痛にはやってはいけないストレッチ」があり、治すつもりがかえって悪化させてしまうストレッチがあるのを知りました。悪化させると治る期間が長期になるので、まずはやってはいけないストレッチをどう判断するか知っておく必要があります。

タンパク質を適正に摂って疲れない作り!おススメは鶏むね肉

タンパク質を適正に摂ることは、疲れない作りの基本的なことです。特に60代ごろになると筋肉の衰えが顕著になって、油断をすると疲れやすい体になっていきますので、適正なタンパク質量を摂るように心掛けたいものです。タンパク質を多く含む食材は、魚類、肉類、豆類などがありますが、出来れば一種類に偏らず満遍なく摂るのが健康にも良いと言われています。

消費税10%への増税に対する支出抑制|平成19年10月引き上げに向けて!

平成19年10月より消費税が8%から10%(2%増税)に引き上げると安倍首相が宣言しました。この引き上げによって消費の落ち込みを防ぐため、いろいろな軽減税率制度も設けられるようですが、それによる税収の落ち込みがあっても国民に消費税10%に慣れさせ、将来更に税率アップがしやすくなる布石であろうと思います。人口が減って高齢化が進み、福利厚生の費用が増えて消費税増税が必要と言っていますが、人口が減っているのに参議院議員を増やす最悪の政治を行う現状において、税金の正しい使い方を今の自民党には期待できません。

性力の減退は疲れない体作りで解決!40代男性は始めよう!

40代ころから始まる男性の性力減退(精力減退)は、運動不足による新陳代謝不足と肥満が主な原因と考えられます。運動不足は汗をかかないことによる新陳代謝の不足で細胞の活性化が促進されず、肥満はエネルギーの多消費となり疲れやすい体に変わっていきます。40代まだまだ先は長いですから性力減退を防ぎ回復するには、良い汗をかいて細胞を活性化すること、そしてバランスのとれた食事や便秘対策による肥満解消が、最も有効な手段であると思っています。

股湿疹が治らない!植物油脂アレルギーに着眼したら改善の兆しが!

もう10年以上にもなりますが、股や脇に赤身の湿疹が出て治らないので困っていました。皮膚科で診察を受けたたら原因はカビだとのこと、抗菌及びステロイド入の塗布薬を処方され塗ったら直ぐ治りましたが、薬を止めると再発を繰り返し、諦めもあって今だに治りませんでした。