高齢者 歩行のふらつき・歩くのが遅い場合の改善法|軽い爪先走りの例

高齢者は運動不足などの影響で歩行時にふらつきが出たり、歩くのが遅い現象が出てきますが、私も同様で困っていました。これを改善するためには多めのウォーキングなどが適切と思いますが、時間が取れなかったり、負荷が多きすぎるなどで実現出来ない人も多いと思います。そんな状況の中での試行錯誤で一つの方法が、良い結果を生みつつあるので紹介したいと思います。

大谷翔平の筋トレに学ぶ|最高峰を目指すスポーツ選手の参考に!!

大リーグ4年目の大谷翔平が二刀流で大活躍、その圧倒的なパワーにメジャー選手も驚嘆しています。現時点で112試合を消化しホームラン37本は両リーグ1位でホームラン王が期待され、投げても6勝1敗(防御率:2.93)の好成績です。これらから大谷選手の圧倒的なパワーを作り出した筋力トレーニングが大変気になります。

【WP 】プラグイン更新時に起こるエラーの対処法!ログインできない

ワードプレス(WP)は多くの便利機能がありますが、2種の怖い現象が発生します。それはプラグインの更新時とWPバージョンアップ時に起こり、WEBでの掲載が消えたり、投稿欄が変わってしまい使い難くなります。今回はプラグインの更新時のエラー対策について記載していきます。

ヘモグロビンa1cを下げる運動【ピンク筋スクワットと腿上げ運動】

糖尿病改善ため<b>ヘモグロビンa1c(hba1c)を下げる効果的な運動</b>を探していたが、ピンク筋スクワットと腿上げ運動が良さそうです。当初はピンク筋スクワットのみ実践、より効果を高めるため腿上げ運動を追加、これによりhba1cを「6.8」から「6.5」まで下げることが出来ました。

ゴルフも野球も「体・技・心」-まずはフィジカル強化その上で技術を!

かってスポーツは「心・技・体」と云われ今も信じられている方もいると思います。しかし、これに対してゴルフの青木功氏が「体・技・心」を提唱したのが2010年(日本経済新聞:私の履歴書)、これが日本の一部のスポーツ人に浸透し、今では世界に通用するトップ選手の必須条件になっています。つまり世界のトップクラスと戦うレベルになるには、そのスポーツに適した体を作り、その上で技術やメンタルを鍛えることだというのです。逆にいえば、フィジカルの高い選手との戦いにおいて「技術」だけでは対抗できず、自らもフィジカルを高めてこそ対等に戦えるということなのです。

柔道金メダルの古賀氏が胃がんで急死!その予防法を考える

平成の三四郎と云われた柔道の古賀稔彦さんが亡くなりましたが、原因は胃がんだったと報道がありました。胃がんは、男性の癌における三大死因(肺がん・胃がん・大腸がん)の一つであり、忙しい方が罹りやすい病気です。53歳という若さ、あまりにも早すぎまます、謹んでご冥福をお祈りいたします。