認知機能検査の体験記(談)-受験準備をしたので楽勝でした!

昨日、近くの警察署で「認知機能検査の体験」をしてきましたので、概要を記載していきたいと思います。

私は受験に際しある程度の準備をしておりましたので、認知機能検査の中で最も難しい16個のイラストの解答も、全てスラスラ記入することが出来ました。

試験会場では受験準備を怠ったのか、イラスト解答で苦戦する人もいましたので、できれば事前に訓練をした方が良いと私は思いました。

スポンサーリンク

認知機能検査の試験内容

認知機能検査の試験内容は「1.年月日曜日の記入」-「2.画像16個の記憶」-
「3.数字のチェック」-「4.ヒント無しで前に見たイラスト16個を記入」-
「5.ヒント有りで前に見たイラスト16個を記入」-「6.時計の絵を書く」の順に行われます。

認知機能検査の具体的な実施内容

まず受付ですが名前を呼ばれ免許の提示と750円支払い、領収書をもらい試験場の席を案内されました。

席には番号とボールペンが1本置いてあり、自分で用意したボールペンは使用できないとのことでした。(私は3本用意していた^^)

試験前の記入事項

これは試験前の記載事項で、氏名、生年月日、住所、電話番号を記入して、運転頻度を5項目から選びます。

これは問題ないでしょう。

試験科目1―試験当日の年・月・日・曜日・現在の時刻を記入

まず最初の解答用紙に試験当日の年月日などを記入します。

・試験当日の年:西暦年でも元号年のどちらでもよい。
・  〃  月:2月なら「2」を記入
・  〃  日:8日なら「8」を記入
・  〃 曜日:金曜日なら「金」を記入
・現在の時刻:試験官が今何時と問いかけるので概算の時間を「9時30分」のよう
に記入します。

イラスト16個の記憶

スクリーンにイラスト4個が映され4回に分けて全部で16個映し、試験官が「動物:ライオン」のようにゆっくり1個づつ説明してくれました。

私はマスクをしていてイラスト1個につき3~4回早口で口ずさみ記憶しました。

ここでは記憶するだけです。

試験科目2―数字のチェック

1~9までの数字が羅列した解答用紙に、試験官が例えば「2と4をチェックしてください」と言い、それに従い斜線でチェックします。その後、「5と7と9をチェック」と言われチェックしました。

これの所要時間は2~3分で私は最後の行が時間が足りず出来ませんでした。

どうやらこの問題は、イラスト記憶をジャマするためのようで、得点にはカウントしないと巷で言われています。

だから時間が短すぎたのではと私は思いました。

試験科目3―ヒント無しで前に見たイラスト16個を記入

これは前に見た画像16個を解答用紙に記入する試験で、ヒントはありませんので思い出しながら記入していくものです。

記入は漢字、ひらがな、カタカナのどれを使ってもOKです。

私は覚えやすい方法を自分で作り上げていたので、16個はスラスラ書けました。
↓このブログ内の記事です
ご参考(無料)⇒認知機能検査イラスト16枚の覚え方とコツ|高得点で一発合格する方法

2週間後に検査の通知書が到着しましたが、結果は満点の「100点」でしたよ^^

試験科目4―ヒント有りで前に見たイラスト16個を記入

これは16個のイラストに該当するヒントが解答用紙に書いてあり、それに相当するイラスト名を1個づつ書いていく問題です。

私はこのヒントを記憶済でしたので楽勝でした。

試験科目5―時計の絵を書く

これが最後の問題で時計の絵を解答用紙に書きます。

試験管は、まず時計を大きく書いてくださいと言いますので、円と目盛1~12までの数字を記入します。

その後に「何時何分」の時刻「例えば11時10分」を記載するよう指示がありますので、時針と分針を書いていきます

ここでのポイントは、時間の数字(1~12)を正確に書くこと、そして短針(時間)と長針(分)を正確に書くことです。

これで全ての試験が終了となります。

試験科目と得点(満点:100)

試験は満点で100点、そして試験科目は4つの分類に分かれていて、合計で76点以上取れば認知機能に問題はなく合格です。

・試験科目1(年・月・日・曜日・時間)・・・5問正解で17点
・試験科目2(数字のチェック)・・・得点にはカウントされない
・試験科目3(ヒントなしでイラスト16枚の解答)・・・全問正解で31点
・試験科目4(ヒント有りでイラスト16枚の解答)・・・全問正解で31点
・試験科目5(時計の絵を書く)・・・正確に書ければ21点

認知機能検査後~免許更新までの概要

認知機能検査の結果は、当該の県公安員会より自宅に送付されますが、2~3週間ぐらいかかるそうです。

その結果が届いたら次のステップ「高齢者講習」を受け、免許更新となっていきます。

※検査結果の総合得点が48点以下の場合は、医師による認知症診断を受ける必要があります。

まとめ

1)試験科目1は簡単で誰でも満点(17点)が取れる
2)試験科目2の数字チェックは得点にカウントされないようだ
3)試験科目3・4のイラスト解答が一番難しく最も得点(62点)が高いので
これが合否のポイントとなる。
従って、事前に訓練をした方が確実である。
4)イラスト記憶訓練の方法として私が実際に使い100点を取った方法を紹介します
認知機能検査イラスト16枚の覚え方とコツ|高得点で一発合格する方法
5)試験科目5の時計の絵描きも以外に得点(21点)が有るので確実に獲得しよう

なお、検査の2週間後に結果の通知が来ましたが、私は100点を取りました。

参考になれば幸いです。頑張ってください^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする