便が硬くて出ない!コーラックⅡを2錠飲んでスッキリした体験記

便が硬くて出ない日が続いたので「コーラックⅡを2錠」飲んでみたらスッキリしたので、その体験をご紹介します。

便が硬くて出ない便秘の状態は、特に中高年の人には大腸がんに繋がる緊急事態と私は思っています。

そんな私ですが、これまで毎日バナナ2~3本分の便通があり快調な日々を送っていましたが、10日ほど前から排便に時間がかかるようになり、便の量もバナナ0.5~1本程度に減って、その状態が一向に改善せず続いていました。

これでは食べた量と排出の収支が合わず、大腸内に宿便として滞留物が増え、お腹の張りやゲップなどで気分もだんだん悪くなってきました。

そこで、この状態を緊急事態と思い、思い切って便秘薬「コーラックⅡ」を試してみることにしました。

スポンサーリンク

コーラックⅡを2錠で試した理由

コーラックの用法・容量には15歳以上で1日「1~3錠」と記載されていますが、私が2錠にしたのは、家内が3錠飲んで大変な思いをしたことから1錠減らして2錠に決めたのです。

つまり身近に3錠の悪い見本が有ったからなんです。

コーラックⅡを2錠の体験内容

夜飲むか、昼間に飲むか?

一般的にコーラックは夜の寝る前に飲むのがよいとの情報が多いのですが、今の寒い時期に夜中にトイレに駆け込むのは大変なので、まずは昼間飲むことにしました。

飲む時間帯はどうするか?

家内からコーラックが効いてきたのは6時間後ぐらいだったと聞いたので、逆算して朝の10時ぐらいに飲もうと決めました。

その日はゴルフの打ちっぱなし練習の日、練習所で9時50分頃に2錠をスポーツ飲料で飲みました。

朝食は7時50分ぐらいに終わっていたので、約2時間後に飲んだことになります。

排便の結果とスッキリ

コーラックを飲んでから約5時間後の午後3時前に、お腹が張ってきてオナラが出そうになったので、ちょっと早いかなと思いましたがトイレに座る。

暫くしたら急激に排便模様、最初はやや固めの便がバナナ1本分出て、その3分後ぐらいに柔らかい便が、その後も下痢気味でトータルでバナナ3.5本分の便が出てスッキリしました。

この日は朝の食事後に時間がかかってやっと出た「バナナ1本」とコーラックでの「バナナ3.5本」を合わせて4.5本分なので、まずは満足と言えるでしょう。

まとめ

1)便が硬くて出ない時はコーラックを使用すると効果があります。
2)コーラックは1~2錠で試すのが良いと思われる。
3)一気に3錠を使用するのは下痢が激しくなる可能性がある
4)コーラックは5~6時間で効果が出てくるので、昼間に飲んだほうが良い。
  従って、お勤めをしている方は休日に飲むのが良いと思います。
5)コーラックは効果があるが、基本は食事などの改善で便秘を解消することが望ましい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする