●三大がんの予防について一覧

柔道金メダルの古賀氏が胃がんで急死!その予防法を考える

平成の三四郎と云われた柔道の古賀稔彦さんが亡くなりましたが、原因は胃がんだったと報道がありました。胃がんは、男性の癌における三大死因(肺がん・胃がん・大腸がん)の一つであり、忙しい方が罹りやすい病気です。53歳という若さ、あまりにも早すぎまます、謹んでご冥福をお祈りいたします。

大腸がんを発表した阪神の原口捕手、近日中に手術を受ける

阪神の原口文仁捕手(26)が、大腸がんを発症し近日中に手術を受けると1月24日に発表しました。プロスポーツの選手で26歳という若さで大腸がんとは、このがんの発症メカニズムからすると信じられないくらい不摂生をしていたのではと思わざるを得ません。ただ、大腸のどの部位で、どのような現象を経て癌になっていったのかは不明なので、上記のような表現は不適切かもしれませんが、一般的なメカニズムである大腸ポリープからの癌発症ならば、不摂生や癌に対する無知の結果とも言えます。