2018年03月一覧

ゴルフで飛距離を伸ばす方法|初心者から70代まで250y以上飛ばす生活習慣

一般のアマチュアゴルファーでドライバーが250ヤード以上飛べば、飛距離では相当高いレベルだと思います。 そして、これが70代半ばまで維持できれば、体が元気な証拠でもあり、ゴルフ仲間では羨望の飛距離となるでしょう。 そこで今回、ドライバーで220ヤード程度しか飛ばなかった73歳の男(身長172cm)が、わずか半年で250ヤード飛ばすようになった方法や生活習慣などについて、ご紹介したいと思います。

鉄アレイトレーニングでゴルフの飛距離アップ!重さは4kgがおすすめ

鉄アレイは手元に置いておけば、テレビを見ながらでも数分で筋肉トレーニングが出来るので、スポーツや健康な体づくりをする人は一つは持っておきたい器具ですね。鉄アレイでのトレーニング法は、ゴルルフ・野球・テニスなどのスイングスピードアップに繋がる手法、その他の筋肉を付ける等の目的によって、多種多彩の方法があります。

【MLB】エンゼルス大谷翔平、オープン戦でメッタ打ちされ見えた課題

大リーグのエンジェルスに移籍した大谷翔平投手が、オープン戦に3回登板しメッタ打ちされているが、これはある程度予想されたことでもある。その理由は、日本の試合でも155~160キロの速球(フォーシーム)をけっこう打たれていたので、日本人打者よりもずっと速く強いスイングをする大リーグの打者には、今の速球では打たれると大リーグ通は予想していたから。

ゴルフで飛ばすコツと素振り器具|70歳からでも250ヤード可能です!

ゴルフをやっている人ならドライバーで250ヤード以上飛ばしたいと、一度ぐらいは思ったことがあるのではないでしょうか。でも、そのような思いがあっても、非力な方や高齢者の方は、相当厳しいトレーニングが必要だろうと思い込んで、飛距離アップへの挑戦を諦めてしまった方も多いと思います。ところが、比較的簡単な飛ばすコツがあり、それを補完する素振り用器具によって、非力でも70歳代からでもドライバーの飛距離を250ヤードに近づけるテクニックがあるんですよ。

上原浩治 日本復帰のオープン戦の初登板に感激!

昨日、元大リーガー上原浩治投手が日本復帰の初登板を果たしました。 上原は昨年所属のカブスから自由契約選手の通告を受け、大リーグ他球団のオファーを待っていましたが、2月に入ってもオファーが無いので、急遽日本復帰を宣言し、読売ジャイアンツと契約しました。昨日の登板は事前に発表されていたようで、上原見たさか4万6千を超える大観衆、アナウンサーが上原登板の放送をすると大歓声が轟いた。