シリウス(SIRIUS)サイトのSSL化とコアサーバーの無料SSL設定法

今やサイトを安全に保護するためSSL化(httpサイト→httpsサイト)は避けられないことで、サイトから情報が盗まれないためにもSSL化を進めなければなりません。

そしてグーグル(Google)は、SSL化サイトを優先的にインデックスすると発表していますので、サイトを作成したらSSL化を進めましょう。

今回はサイト作成にシリウスを使っていて、コアサーバーを利用している場合の無料SSL設定の方法をご紹介します。

SSL化を進めるにあたっては、まずドメインのSSL化を先にしなければなあらず、その後にサイトの設定を進める手順となります。

コアサーバー側の無料SSL設定法

コアサーバーは、安い割に高機能を持っており、SSL化も無料で設定する事が出来ますので、その方法をご紹介します。

当該サイトのSSL化設定

コアサーバー(https://www.coreserver.jp)を表示して、右上の「ログイン」をクリックして、契約した時の「アカウント名」と「パスワード」を入力、「サーバー名の選択」をしてダッシュボード画面を開きます。

次に左サイドのメニューより「サイト設定」をクリックすると「サイト一覧」画面が出ますので、当該サイト「例:xxxxxxx.com」のをクリックして「サイト設定」を開きます。

そのサイト設定の少し下に「サイト設定の変更」がありますのでクリック、開いた画面の真ん中頃に「SSL」がありますので「無料SSL」を選択して、「サイト設定を変更する」をクリックすれば、コアサーバー側の無料SSL化は完了です。

どうですか、簡単でしょう。

なお、上記の設定をしてからSSL化の効力が発揮できるのには、やや時間が(約1時間?)かかるので、自サイトのURL(例:https://xxxxxx.com)でアクセス出来るようになっているか確認してから次に進むようにしてください。

SIRIUS側のSSL化設定

自サイトが(例:https://xxxxxx.com)でアクセス出来るようになってから、SIRIUSのhttps設定を行います。

サイトのURLをhttpsに変更する

シリウスを開き当該サイトの「サイト編集」をクリックして「トップページ」を開きます。

次に上部にある「サイト全体設定」をクリックして、サイト全体設定の左下部の「サイトURL」のhttpをhttpsに変更し、「OK」をクリックすれば変更は完了です。

まとめ

自サイトをより安全にして訪問者を増やすためには、サイトのSSL化(https)は避けられません。

従来のSSL化は有料でしたが、現在は無料でSSL化ができるサーバーも増えていますし、設定の手順も難しくないので、積極的に進めていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする