ピーマン1株の収穫量を100個以上に!背丈・整枝は?

我が家の狭い畑で今年もピーマン、ナス、キュウリを育てていますが、これらの野菜全ての1株収穫量を100個以上するため、いろいろ勉強しています。

この3種類の野菜で育てるのが最も易しいのがキュウリで昨年までの最高の収穫量が176本、その次はナスで47個、ピーマンは46個となっています。

これまでピーマンはほとんど放置状態で放任主義でしたが、100個以上を目指すにはやはり勉強が必要です。

そこでWebやYou Tubeでいろいろ調べましたが、肝心な100個以上収穫する具体的な方策が見つかりません。(ピーマンは細やかな情報が少ない感じ)

例えば、3本または4本仕立てにした場合、その主枝は何節ぐらいまで伸ばして摘心するとか、側枝は何節伸ばし何個ぐらい収穫するのかなどの具体的な方法です。

今年、私が植えたピーマンは1株のみ、これを4本仕立てで100個以上の収穫を目指すので、単純に計算すれば主枝1本当たりに25個の収穫が必要となります。

しかし、ピーマンを多く収穫する具体的な方策が見つからないので、自分で条件設定をして100個収穫を目指すしかありません。

ピーマンの背丈の予想

ピーマンの主枝をどの程度伸ばして、各節から収穫出来るピーマンの数をどのくらいにするか決める必要があります。

調べた結果では、主枝の背丈は1.2m~2mぐらいとまったくマチマチな意見があり決めづらいのですが、一応1.5mぐらいを目指そうと決めました。

側枝から何個収穫をする?

ピーマンは主枝の節から1個の実が成り、その節から出る側枝が伸びて側枝の節にまた1個実が成る習性がある。

まず、4本仕立ての主枝の背丈を1.5mとすると、主枝は地面から約30cmぐらいから出るので、実質長さは1.2mとなる。

その主枝に付く節は、1.2m ÷ 0.08m(概算節間長さ)-1=14節 となる。

ここから25個収穫したいので、25個 ÷ 14節=2個、つまり1節で2個収穫を目安として、不足分は微調整で補うことにしようと思います。
 ※安全を見て1節及び2節目を3個収穫、それ以降は2個にするなどの微調整です。

ピーマン1株で100個以上の収穫料を確保する方策まとめ

今年、初めてピーマンの収穫量を増やすためのチャレンジしますが、その方策に具体的な裏付けはありません。(ネットで調べても具体的な方策は見つからず)

ただ、なすの1株収穫量を増やす方法はありましたので、それを参考にピーマンに応用してみることにしたのが今回の方策です。

具体策
 ・4本仕立ての主枝の背丈は1.5m程度とし摘心を行う
 ・各主枝の節から2個の収穫を目標とするので、側枝は1節伸ばし実の付きを確認したら
  摘心する
 ・100個収穫に不足する場合は、側枝からの収穫を1個程度増やし微調整する。
 ・昨年まで追肥は行わなかったが、今年は1~2回行う

経過のご報告

6月24日(日)時点の我が家のピーマンの状況は、4本仕立てをして3~4節伸びたところでまだ収穫はありません。

現在、実は3個成っており3cm程度の大きさになっています。

適時、経過報告をいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする