なす1株の収穫量を増やす!主枝を3本・4本にした場合

家庭菜園も趣味の一つ、今年の夏野菜はキュウリ、なす、ピーマン、ミニトマトの4種類を育てています。

この中で育てるのが難しく収穫量が少ないのが「なす」、昨年の1株当たりの平均収穫量は28個でした。

昨年育てた5株の中で一番多かったのは47個、平均収穫量とは大きくギャップがあり、収穫量のバラツキが大きくなっているのが我が家の特徴です。

そこでネットでナスの1株収穫量を調べてみると、農家のプロでは200個ぐらい、家庭菜園でも100個以上収穫している人が結構いることが分かり、私も今年は最低でも平均で昨年のほぼ倍の50個以上に挑戦することにしました。

従来のなすの育て方

昨年なすは5株植えて1株当たりの平均収穫量は28個(MAX:47個、MIN:15個)でした。

畑が狭く西側なので陽当りが悪く収穫量はこんなものかと思っていましたが、プロ農家の14%の収穫量と分かりました。

育て方
昨年までは主枝を3本にして側枝は伸ばし放題の育て方でしたが、それでもMAXで47個になっているのでこんなものかなと思っていました。

収穫量のバラツキが大きのは、畑が西側で日当たりも悪く、追肥も行わずに放任主義の育て方だったのが影響したのでしょう。

側枝の切り戻し法を採用

ネットで調べてみると収穫量を増やすには側枝の管理が重要とあったので、その技を使って今年は収穫量の倍増を目標として挑戦することにしました。

このことはなすの苗がだいぶ育ってから思いついたので、主枝の仕立てが基本とは多少づれていましたが、苗4株を植えた内の3株を仕立て3本、1株を仕立て4本にして、収穫量の変化を見てみることに決めました。

側枝の切り戻し法を採用
従来、主枝から出る側枝は伸ばし放題にしていたのですが、今年は側枝に付いた花の1つ上の葉を1枚残して新芽を取り除き側枝の伸びを止めて、なすを1個収穫したらその実の下を切り戻し、その下の新芽から更に収穫が出来る方法を適用します。

この方法が養分の浪費を防ぎ、収穫量が増やせるプロの方法であるので試してみます。

ただこれだけで収穫量が倍以上となると思うと、以外にわくわくするのでまた楽しみが一つ増えました。

追肥回数を増やす

我が家の畑は蚊が多いので、それが嫌で手間と時間がかかる追肥を避けていたのでが、今年は頑張って2回程度の追肥を行います。

まとめ

・昨年のなす1株当たりの平均収穫量28個を50個以上に挑戦する。

・なすの苗4株の内、3株を3本仕立て、1株を4本仕立ての2種類に分けて、
 脇枝の切り戻し法で収穫量を増やす。

・従来やっていなかった追肥を2回程度行う。

収穫の大敵は害虫

ナス栽培における害虫は、昨年出たものはナメクジ程度で葉を食い荒らすので、夜中に駆除していました。

これまで収穫量には殆ど影響しなかったので害虫にはさほど気にしていませんでしたが、今年は6月19日に1番先に大きくなっている実に穴が空いているのを見つけました。

さらに小さい実を一つ一つ見てみると穴が空いている実が2個もありました。

これまでこんなことは一度も無かったのでビックリ、収穫量アップの最大問題です。

そこでWebで検索してみると穴を開ける害虫は、オオタバコガ、ヨトウムシ、ナメクジである事が多いことが分かりました。

オオタバコガは昼間でも見つけられるとのことで、さっそく調べましたが見つからず。

ヨトウムシとナメクジナは夜行性なので、夜の10時頃に懐中電灯で探索、ヨトウムシを一匹見つけ駆除しました。ナメクジはいないようです。

ただ、一匹だけなのか不安なので、今後も観察を続けます。

6月22日、更に葉の被害が増えているので夜10時頃に観察、またヨトウムシを1匹見つけ駆除、これで2匹目の駆除となりました。

ヨトウムシによる損害はナス2個となっています。

夜の駆除はちょっと大変なので別の方法を探そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする