元気が出る朝食レシピ!自分で作るスタミナ食はこれ!

チャレンジャー大好きの爺です。

今日は、私が考えて食べている元気が出る朝食レシピをご紹介しますね。

このスタミナ食は、休日(土・日)の朝だけ自分で作って食べるようにしており、家内は朝寝坊しています。

元気が出る朝食レシピ

私が食べる元気が出る朝食レシピの主体は、にんにく、野菜炒め、卵焼き、蜂蜜、牛乳、お餅となっています。

準備する材料

・炒める食材
  にんにく5片、なす2個(自宅で採ったもの)、卵1個、オリーブオイル
   ※夏季以外の野菜は、通常ネギを使います。

・その他の食材
  お餅1片、バナナ1本、蜂蜜

・飲み物
  牛乳、コーヒー、オレンジ100%ジュース

野菜をオリーブオイルで炒める

にんにく炒め
・にんにくは1片ごと真ん中に切り目を入れて皮を剥く
・フライパンに小サジ1杯程度のオリーブオイルを入れる
・とろ火でにんにくがやや焦げ目が付くぐらいに炒める

なすの炒め方
・なすを縦長方向に半分に切り、背中の部分に3箇所切り目(熱が通りやすい)を入れる
・にんにくを炒めた後の残っているオイルで、ナスをこんがり色が付くまで炒める

卵焼き
・更にフライパンに残ったオリーブオイルを使って、卵を焼き過ぎに注意して焼く

お餅を焼く

主食は無添加のお餅を食べるようにしており、オーブンレンジを使いふっくら膨らむまで焼いています。

以前は食パンを食べていましたが、添加物が多く入っているのでやめました。

飲み物はカフェオレとオレンジジュース

手製のカフェオレ
牛乳とコーヒーを使いカフェオレを作り飲んでいます。

・コーヒーカップに牛乳を9割程度に入れて、電子レンジで600kw、2分10秒温めます
・温めた牛乳にコーヒー(粉)を小サジ1杯程度入れて混ぜます

オレンジ100%ジュース
便秘解消の補助としてオレンジ100%ジュースをコップに7割程度飲んでいます。

食べ方

私が作った朝食がコレ!

お餅に蜂蜜を小サジ1杯ぐらい塗って食べながら、にんにくをつまんで食べる美味しいですね。

そして手製のカフェオレを飲み、ナスにソースを付けて食べると柔らかくて美味しい、また卵焼きをつまんで食べる。

そして最後にバナナを食べながらオレンジジュースを飲む、一人でテレビを見ながら正に至福の時間です。

まとめ

1)にんにくは炒めた方が美味しいし、お腹にも優しいですね。
2)今回の野菜は自家製のなすにしましたが、通常はネギにしています。
3)お餅は無添加なので体に良く、消化も腹持ちも良いですね。
4)にんにく、蜂蜜は栄養価が高く、体の活性化にとても良い食物です。
5)飲み物は手製のカフェオレとオレンジ100%のジュースです。

にんにく、蜂蜜を食べるようになって約15年、適度の運動を続けて汗をかく、これで体の活性化は常に促進され、疲れないし、性力減退もほとんどありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする