キッチン換気フードの金網が酷い油汚れ!2年ぶりに清掃に挑戦!

チャレンジャー爺が2年ぶりにキッチン換気フードの金網の清掃に挑戦しました。

金網には油がこってり付いていて換気効率は15%程度、清掃をしなければと思いつつ手間と面倒くささで放置していました。

清掃をするなら汚しても問題のない庭の水道受け皿を使うしかないが、温かい季節(汚れが落ちやすい)は蚊が多くて嫌だし、寒い時期は汚れが落ちにくい、これが2年間も放置した理由でもあった。

しかし、いよいよ換気も出来ない限界に近づいたので、12月だけど思い切って清掃をすることにした。


換気フードの金網の油汚れを落とす洗剤は?

2年間放置していた金網の汚れは次のような感じでした

洗浄前の写真を撮り忘れたので画像は類似のものを使用

金網に付着した頑固な油汚れを落とすのに、どんな洗剤を使ったらよいか迷います。

洗剤は、7~8年前に買ってしばらく使っていなかったトータルシウテムの「洗剤革命」が物置に入っていましたが、効果があるのか判らない。

そこで取り敢えず家内に頼んで買ってきてもらったのがリンレイの「ウルトラハードクリーナー」、これで清掃をしてみることにしました。

リンレイのウルトラハードクリーナーで油落しをした結果

キャッチコピーは「プロ推薦の油汚れ用クリーナー」、これを見て家内が買ってきた洗剤です。

油汚れの落とし方は、スプレーで泡を油に浸透させ布などで拭き取る方式ですが、固まった油にはなかなか浸透せず、思うように油が落ちませんでした。

この洗剤は金網などの網目に固まった油汚れには、あまり効果が無いようなので使用を止めました。

7~8年前に購入した洗剤革命の効果は?

トータルシウテムの洗剤革命は7~8年前に買ったもので、果たして洗浄効果があるのか疑問でした。

ただ、粉末状の洗剤はやや固まっているものの変色もしていないので、使うのには問題なさそうです。

ただ相当期間が経っているので効果があるのかは疑問でした。

洗剤革命での油落とし準備

固まった粉末洗剤をほぐす
購入して何年も経っているので粉末が固まっていたので、マイナスドライバーと金槌で粉末状態に戻しまし水に溶けやすいようにしました。

庭の水道受けを温水で温める
12月初めで水道受けも冷えているので温水で温めてから油落としをすることにしました。

温水器で温めた温水をバケツに入れて庭まで運び、水道受けに入れて5分程度温めました。

洗剤革命での油落とし方

油落としの手順
・温めた水道受けに新たな温水を入れます
・洗剤革命の粉末を指定量入れて温水に溶かします
・換気フードの金網を1枚浸して40~50分放置します
・布などで汚れが残っている所を拭き取ります
・水洗いをして油落としは終了です

洗剤革命の評価
ほぼ2年間放置していた油まみれの金網がけっこう綺麗になり、換気効率も90%ぐらいにできたので洗浄効果は充分あったと思っています。

1回洗い後の金網の状態

上記は1回洗浄しただけなのでまだ汚れは少し残っていますが、もう1回洗浄すればほぼ完璧になるかも、でも面倒なので1回でやめました。

そして、半年ぐらいごとに清掃をしていれば常にきれいな状態が保てるのにと反省。

まとめ

1)キッチン換気フードの金網の油汚れも長く放置すると清掃が大変である
2)洗剤は早目に清掃するならスプレータイプでも良いが、汚れ過ぎた場合は
  粉末洗剤が良さそう
3)粉末洗剤は劣化が遅く、長期間効果を持続するものがある
4)今回購入した「リンレイのウルトラハードクリーナー」は、金網以外のフードに
  使ってみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする