身長172cm前後の男性が標準体重・適正体重を維持する食事の事例

身長172cm前後の男性(筆者)が10年以上も【標準体重(適正体重)±1kg】を維持している食事の1例をご紹介します。標準体重は一般的に適正体重とも言えるもので、この体重を維持していけば肥満による疾病を防止することに繋がります。また標準体重であれば、出っ腹でもなく、痩せ過ぎでもなく、比較的均整の取れたスタイルになりますし、アマチュアスポーツであれば体力的にも充分通用する体です。

認知機能検査イラスト16枚の覚え方とコツ|高得点で一発合格する方法

75歳以上の運転免許更新で必須となった「認知機能検査」、このテストで最も高配点で難関なのがイラスト16枚を覚えること、これを攻略しなければ一発合格はありえません。このイラスト以外の問題は、誰でもほぼ問題なく出来るので心配ないと思います。そこでイラストの事例集を用いて実際にやってみましたが、年齢に拘らずけっこう難しいと思いました。これらから合格ラインは安全を見て、最低でも14枚は覚える必要があり、覚え方・コツを掴まいといけないのではと考えます。

高齢者の運転事故の予防・防止について|心身を鍛える心構えの大切さ

高齢者の運転事故、特に逆走、ブレーキとアクセルの踏み間違い、歩道運転などが高齢者独特の現象として問題とされています。これらはいずれも識別・判断ミスと思われますが、高齢者は日頃から心身の衰えを自覚し、日常的に鍛える心構えが必要不可欠と考えます。一見、車を運転するという作業はスポーツとは思えませんが、ミスをすれば人身事故に繋がる重大な行為なのです。しかし、それを認識する意識が一般的に希薄になっており、運転する人はスポーツをする人のように心身を鍛えていないのが殆どでしょう。でも、それが間違いであり、特に高齢者は心身の衰えが顕著に出てくるので、運転する人は日頃から心身が正常に機能するように鍛錬することが必要であろうと思います。

息切れを防止するトレーニング|運動にちょっと負荷をかけてみよう!

今日は息切れを防止するトレーニングについて、お伝えします。ちょっと動いただけで息切れしたり、坂道や階段を登る時に息切れをするのは、運動不足や太りすぎの人に多いようです。息切れは肺や心臓に負担をかけるので、できれば日頃からそうならないように、対処しておきたいものですね。

便秘に効くサプリを探し続ける!乳酸菌革命がすごいと言うが?

便秘に絶対効くというサプリメントを見つけるのは結構難しいものです。何故なら人間の腸内環境は一人一人異なっており、更には年齢の経過と共に変わるし、サプリメントもそれぞれ特徴があるので、自分の腸内に適合するのを見つけるのが難しいと思っています。このことから現在は自分に効果が有るサプリメントを使っていても、将来ずっと使えるとは限りませんので、自分に合うサプリメントを探す行動は続くと考えています。

精力の減退は使わないと加速する→40代~70代男性の場合

精力が減退する原因は幾つかのが考えられますが、今回はその原因の一つである「人間の体は使わないと弱くなる」について述べたいと思います。使わないと弱くなる?何だか意味深長のようですがそのまんまです?つまり人間は体をあまり使わなくなるとその部分が弱体化するという意味で、頭も手も足も使うのが少なくなると弱体化が進むということです。