スイカを甘く育てるのって簡単?素人が初めて作ったのが美味しい!

今、夏真っ盛り、スイカが美味しい季節ですね。我が家では娘夫婦が初めて作ったスイカが1個届き、4日間かけて美味しく食べています。スイカを甘く育てるのは、けっこう難しいとの印象があったので、決して野菜作りが上手いとは言えない娘夫婦がスイカを作っていると知ったとき、甘くて美味しいスイカが作れるかは半信半疑でした。

疲労回復に良い食材!幾つになっても食べ続けたい食べ物とは?

男性の悩みランキングの第6位にある「疲れが取れない」は、一時的に激しい運動をした場合などではなく、ほぼ継続的に疲労を感じている人が多いということだと思います。その主な原因は、日常的に体力が落ちていて、疲れやすい体になっているものと思われます。その対策として今回は、食事面で継続的疲れにくい体を作る方法をご紹介します。

きゅうり1株の収穫量を100本以上にする育て方。コツは肥料と摘心!

きゅうりは夏野菜の定番ですが、家庭菜園でも最も育てやすい野菜で、100本ぐらいの収穫量は難しくないので、ぜひ1株植えていただきたいなあと思います。スーパーなどで買うと消費税込みで40円/本ぐらいはしますので、肥料や苗の費用を加味しても充分元は取れますからね ^^植える条件としては、横1.5m・縦1mの空間と60cm角の畑、そして日照時間が半日(4時間ぐらい)あれば大丈夫、1株で100本前後の収穫は狙えます。

疲れない体作りの基本は良い汗をかいて新陳代謝の促進!

疲れない体作りで一番大切なことは、良い汗をかいて新陳代謝を促進し、常に体の細胞を活性化することだと思います。ここでいう良い汗とは、夏の暑さで自然に出てくるような汗ではなく、運動やスポーツなどによってかく汗のことを言います。意図的に体を動かし汗をかくことで、体の古い細胞を新しい細胞に置き換えていき、体を活性化させ健康を維持することが、疲労からの回復力が早くなり、疲れない体作りが出来るのです。

なす1株の収穫量を増やす!主枝を3本・4本にした場合

家庭菜園も趣味の一つ、今年の夏野菜はキュウリ、なす、ピーマン、ミニトマトの4種類を育てている。この中で育てるのが難しく収穫量が少ないのが「なす」で、昨年の1株当たりの平均収穫量は28個となっている。1株MAX収穫量は47個であるので平均収穫量とは大きくギャップがあり、収穫量のバラツキが大きくなっている。

ピーマン1株の収穫量を100個以上に!背丈・整枝は?

我が家の狭い畑で今年もピーマン、ナス、キュウリを育てていますが、これらの野菜全ての1株収穫量を100個以上するため、いろいろ勉強しています。この3種類の野菜で育てるのが最も易しいのがキュウリで昨年までの最高の収穫量が176本、その次はナスで47個、ピーマンは46個となっています。これまでピーマンはほとんど放置状態で放任主義でしたが、100個以上を目指すにはやはり勉強が必要です。