認知機能検査イラスト16枚の覚え方とコツ|高得点で一発合格する方法

私はこの方法で100点を取りました(証明書付きです)。75歳以上の運転免許更新で必須となった「認知機能検査」、このテストで最も高配点で難関なのがイラスト16枚を覚えること、これを攻略しなければ一発合格はありえません。このイラスト以外の問題は、誰でもほぼ問題なく出来るので心配ないと思います。そこでイラストの事例集を用いて実際にやってみましたが、年齢に拘らずけっこう難しいと思いました。これらから合格ラインは安全を見て、最低でも14枚は覚える必要があり、覚え方・コツを掴まいといけないのではと考えます。

胸・股湿疹の原因は主に白癬菌|水虫が菌の供給源なのを知る人は少ない!

胸・股・脇・お尻の湿疹の原因は、主に白癬菌(はくせんきん)というカビの一種であることをご存知でしょうか?白癬菌は水虫の原因であることはよく知られていますが、胸・股・脇やお尻などの湿疹の原因とはあまり知られていないと思います。そして、その発生起因が水虫であり白癬菌の供給源になっていることも。

認知機能検査の体験記(談)-受験準備をしたので楽勝でした!

昨日、近くの警察署で「認知機能検査の体験」をしてきましたので、概要を記載していきたいと思います。私は受験に際しある程度の準備をしておりましたので、認知機能検査の中で最も難しい16個のイラストの解答も、全てスラスラ記入することが出来ました。試験会場では受験準備を怠ったのか、イラスト解答で苦戦する人もいましたので、できれば事前に訓練をした方が良いと私は思いました。

ヤンキー座りは腰痛改善や勃起力アップに効果があるそうだ!

ヤンキー座りとは分かりやすく言えば、和風式トイレでしゃがむ姿勢(便所座り・アジアンスクワット・うんこ座りともいう)で、昔の日本人の殆どがやっていた姿勢です。実はこの姿勢が腰痛改善、精力増進、勃起力アップなどの効果があると言われています。そういえば、最近は様式トイレが普及してヤンキー座りをする人も大幅に減っていますが、腰痛を抱えてている人が多いのも、それが影響しているのかもしれないですね。

大腸がんを発表した阪神の原口捕手、近日中に手術を受ける

阪神の原口文仁捕手(26)が、大腸がんを発症し近日中に手術を受けると1月24日に発表しました。プロスポーツの選手で26歳という若さで大腸がんとは、このがんの発症メカニズムからすると信じられないくらい不摂生をしていたのではと思わざるを得ません。ただ、大腸のどの部位で、どのような現象を経て癌になっていったのかは不明なので、上記のような表現は不適切かもしれませんが、一般的なメカニズムである大腸ポリープからの癌発症ならば、不摂生や癌に対する無知の結果とも言えます。

カーバッテリー激安・長寿命のおすすめはパナソニック。交換は自分で感想は?

大手通販の楽天ではこれまでいろいろな買い物をしたことがあり、価格がリーゾナブルで貯まったポイントも使えます。それで適合バッテリー(46B24R?55B24R)を探している内に、パナソニックで3年または6万km保証の10,800円(税込・送料無料)を見つけこれに決めました。

町内会の脱会・退会とその後に残された役割について!

2019年度から町内会を脱会することになり、いま残務整理と今後の活動についてまとめています。ちなみに私はいま班長をやっており、今回の脱会は班の会員になっている全戸が一斉に脱会することになり、班自体が消滅することになります。以下、脱会の過程や退会後に残された種々の日常活動等について記載していきます。