ピーマン1株の収穫量を100個以上に!背丈・整枝は?

我が家の狭い畑で今年もピーマン、ナス、キュウリを育てていますが、これらの野菜全ての1株収穫量を100個以上するため、いろいろ勉強しています。この3種類の野菜で育てるのが最も易しいのがキュウリで昨年までの最高の収穫量が176本、その次はナスで47個、ピーマンは46個となっています。これまでピーマンはほとんど放置状態で放任主義でしたが、100個以上を目指すにはやはり勉強が必要です。

なす1株の収穫量を増やす!主枝を3本・4本にした場合

家庭菜園も趣味の一つ、今年の夏野菜はキュウリ、なす、ピーマン、ミニトマトの4種類を育てている。この中で育てるのが難しく収穫量が少ないのが「なす」で、昨年の1株当たりの平均収穫量は28個となっている。1株MAX収穫量は47個であるので平均収穫量とは大きくギャップがあり、収穫量のバラツキが大きくなっている。

性力の減退は疲れない体作りで解決!40代男性は始めよう!

40代ころから始まる男性の性力減退(精力減退)は、運動不足による新陳代謝不足と肥満が主な原因と考えられます。運動不足は汗をかかないことによる新陳代謝の不足で細胞の活性化が促進されず、肥満はエネルギーの多消費となり疲れやすい体に変わっていきます。40代まだまだ先は長いですから性力減退を防ぎ回復するには、良い汗をかいて細胞を活性化すること、そしてバランスのとれた食事や便秘対策による肥満解消が、最も有効な手段であると思っています。

股湿疹が治らない!植物油脂アレルギーに着眼したら改善の兆しが!

もう10年以上にもなりますが、股や脇に赤身の湿疹が出て治らないので困っていました。皮膚科で診察を受けたたら原因はカビだとのこと、抗菌及びステロイド入の塗布薬を処方され塗ったら直ぐ治りましたが、薬を止めると再発を繰り返し、諦めもあって今だに治りませんでした。

ゴルフ後半の疲れ対策にお薦めのサプリメントは?スタミナ切れ防止に!

ゴルフコースのラウンドで後半に疲れが出てきて、ミスショットが多くなるシニアクラスの人も多いと思いますが、みなさんどのような対策をされているんでしょうか?私も70歳を過ぎた高齢者ゴルファー、疲れにくい体作りをしていてもラウンドは重労働、後半には疲れが出てくるし、翌日に疲れが残ることもあるので対策をしています。以前はラウンドする日の朝食は、生にんにく(2~3片)を電子レンジで焼いて、お餅と一緒に食べてから出かけていましたが、このにんにくだけでもけっこう効果はありました。でも、生にんにくの皮を剥いて電子レンジで焼く手間や口臭などの問題もあったので、最近はにんにくを主成分にしたサプリメント使用するようになりました。

肥満と便秘防止に配慮した食事!週に4日以上食べている食べ物

肥満で糖尿病の寸前と医者に指摘され、更に慢性の便秘症であった私が、肥満と便秘防止のための食事として、配慮した食べ物をご紹介します。これから紹介する食べ物は、私が週4日以上は食べているもので、その効果を実感し5年以上継続しているものばかりです。

便の量を記録して迅速な便秘対策を!常に腸内環境を良好に保つ

今日は、便の量を日々記録して常に腸内環境を良好に保つことについてです。腸内環境を良好に保つことは、肥満の防止や多くの病気発症の抑制になり、健康な体作りに繋がります。それゆえ、私は毎朝の食後に排便するのを習慣にして、常に腸内環境を良好な状態に保つために、便の量を確認して記録しています。そして、便の量が少なくなったら便秘の兆候と認識して対策を実行し、便秘による肥満や大腸がんのリスクを軽減するように心がけています。