太ももの裏側が歩くと痛い!お尻の痛みも筋肉の痩せ?

私はここ数カ月、歩くと太ももの裏側やお尻の下側が痛く、重苦しくなって歩くのが困難になっていました。

そのため入院中の家内に洗濯物や日々の使用品を届けるのに、病院内を歩くのがとても辛い状態でした。

なぜ、急にこのような状態になったのか考えると、太ももとお尻の筋肉痩せにいき着きました。

スポンサーリンク

太ももの裏側・お尻が歩くと痛い原因

私はゴルフが大好きで、これまで日々のトレーニングや練習で体を鍛えてきました。

しかし、2月末に家内が糖尿病で入院し片足を切断したことでゴルフを辞めることを決意し、今後は看護・介護に注力することにしました。

その結果、日々のトレーニングも殆どできなくなり、体重も1kgほどダウンしこれが太ももやお尻の筋肉痩せとなり、歩くと痛むようななったと思われます。

このように日々トレーニングで鍛えた筋肉は2~3週間も休めば痩せてきて、普段鍛えていない人よりはギャップが大きいと思います。

太もも・お尻の筋力回復法

太もも・お尻の筋力回復法は、長距離歩行、スクワット、各種筋力トレーニングなど多く紹介されています。

しかし、私は高齢であり家内が入院したため看護などで忙しく、しかも腰痛持ちの私にはトレーニング法は、短時間で効果のあるものを見つける必要が有りました。

スクワットは効果ありそうだが膝を痛める

90歳を過ぎてもスクワット1日100回で元気に歩いていた亡き森光子さん、スクワットは効果のある筋トレですが膝が痛くなるので断念しました。

いろいろ試したが効果は無し

短距離の歩行での効果は?
腰痛で長距離の歩行は出来ないので従来からの短距離歩行を再開したが、ゴルフ関連のトレーニングはやっていないので、これだけでは効果が無かった。

四股もやってみたが
これもつい最近になってやってみたが、20回ぐらいしか出来ずこれも効果無し。

四股・ヤンキー座りなどもやってみたが
そのほか相撲取りが行う四股(シコ)やヤンキー座りなどもやってみたが、太もも・お尻痩せには効果が無かった。

膝を痛めないスクワット法で効果アリ

いろいろやってみましたがまったく効果が無いので、もう一度スクワットに挑戦することにしました。

ただ、膝を痛めては元も子もないので、膝を痛めないよう工夫して取り組むことにしました。

膝を痛めないスクワット法

膝を痛めないスクワットは、次のような点に気を付ければよいことが分かり実践しています。

・しゃがむ角度は45度ぐらいであまり深くまで曲げない
・しゃがむ時は足の踵、お尻に体重をかけて行い、膝を爪先より前に出さないこと!
・続けてやるのは25回程度にして1日合計で100回ぐらいを目標に行う

スクワット実践の結果

【1日目】
午前中にスクワットを50回(25回を2セット)行い、午後に家内が入院している病院に行き、800mぐらい歩いたがスムーズに歩けて痛みはまったく出なかった。

これにはたいへん驚いた!

帰宅後に25回1セット行い、初日なのでトータル75回でスクワットは終了した。

【2日目】
この日も50回(2セット)行い、病院には行かず介護用品などの調査に出かけ長くは歩かなかったが、駐車場から自宅までの坂道(約150m)を歩いても痛みは出なかった。

ただ、痛みは出ないがお尻と太ももに多少の違和感はあるので、本当の意味での筋力回復には時間がかかりそうである。

まだ始めて2日目、スクワットは25やってトータル75回にしました。

様子をみて1日の回数を100回にしていきます。

【3~4日目】
スクワットはお尻・太もも痩せのせいか、25回x3セットでトータル75回で留まっています。

目標の100回はまだキツくて届きませんが、痛みはなく歩けるのでその効果は充分感じていますので、森光子さんのように一生物として実行していこうと思っています。

まとめ

ゴルフ関連で鍛えてきた足も、高齢であるゆえか数週間休めばお尻や太ももの筋肉痩せが起こりやすく、歩くと痛みが出やすくなる。

これを解消するためいろいろな筋トレをやったが効果がなく、日々歩くのが辛かった。

効果が有るのは分かっていたが膝を痛めやすいので避けていたスクワット、結局これしかないかと思い、膝を痛めないように工夫して実施したら即効果が出た。

腰痛持ちで長距離の歩行が出来ない私には、歩く筋力を鍛えるには森光子さんのようにスクワットから縁を切れないようだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする