高額医療費が戻ってこない、支給遅れの事例-責任は医療広域連合?

高額医療制度は、定められた限度額を超えて医療費を支払った場合に、3ヶ月後に超過分を支給し患者の生活を支援するシステムになっています。

しかし、現実は高額医療費の超過分の一部が戻ってこないことや、支給が大幅に遅れることが現実に起こっており、我が家も実際にこの両方を体験しました。

生活が決して楽ではない我が家にとって、支給額の不足や大幅な支給遅れは困ったことであり、改善して貰いたいと思う次第です。

スポンサーリンク

高額医療費が一部戻ってこない事例

高額医療費戻ってこない

このケースは、実際に支払った医療費の超過分(限度額を超えた分)が例えば24,000円だった場合、この分が3ヶ月後に支給されるのが正常ですが、実際に支給された金額は20,000円に減額されていたケースです。

このようなことは現実に起こっています。

高額医療費が一部戻ってこない理由

私たちが病院で治療(入院含む)を受けた場合、健康保険や後期高齢保険を使って総医療費の一部を病院に支払います。

病院はそれを元にして保健機関に医療費の請求をするのですが、各県に存在する「医療広域連合」が病院の請求書を査定検証して、正当であれば当該の市役所に高額医療費の支給情報を送付して、これを元に私たちに支給されるシステムになっています。

しかし、査定検証で異議があった場合は、病院側と広域連合で調整があり、時には請求金額の減額が発生します。

そうなると私たちの支給額もそれに見合い、上記した事例のように減額されることになります。

高額医療費の減額が有っても誰も動いてくれない

病院の請求額に不備があり、病院が認めて減額修正されることは結構あるとのことで、私どもも実際に直面し数千円の支給減額となりました。

しかし、減額になったったとの情報は、私が詳細把握をいていたことで分かったことであり、病院も医療広域連合も、市役所からも連絡はいっさいありません。

では、この差額分はどうなって、誰が得をしたのでしょうか?

私は実際に病院に支払いましたが、この分は支給されなかったので損したわけですよね。

病院は査定検証によって減額されたのに、私どもから余分な支払いを受け取ったままでダンマリをしている。

広域連合も査定により減額になれば、高額医療の支給も減るがダンマリをしている、これが現実なのです。

結果的には、この差額分は私どもが病院に請求すべきことなのかもしれないが、病院への往復も1時間かかり、ガソリン代もかかるし交渉も面倒ですよね。

結局、私は請求を断念しました。

医療費の支払いと高額医療費の支給を精査しないと問題は解らない

今回のケースは私が精査をしていたので解ったことですが、高齢などで精査が難しい方は、どこからも連絡がないので多分こんなことが有ってもわからないですよね。

おそらく全国的にみれば多くの件数があり、うやむやになって患者が損をしていることでしょう。

本来なら広域連合は医療費の減額が決定した時点で、患者側の過剰支払いになっていることは明白であり、この差額の返金をシステムとして病院側に命じるべきであるが、命じず放置するのは国民の立場にたった仕事をしていないと言っても過言ではないと思います。

高額医療費の支給が大幅に遅れるケース

これも上記の流れの中で起こるケースで、実際に私どもは2019年2月の高額医療費分が大幅に遅れて10月に支給されました(本来は3ヶ月後の5月支給のはずが5ヶ月遅れの10月に支給)。

これも実に悠長な仕事ぶりで、患者をないがしろにした病院&広域連合です。

こんなに遅れてはもし患者側に何かあれば、このお金を使うことも出来ないことも起こるでしょう。

いったい5ヶ月もの間、この両者は何を議論していたのでしょう???

まとめ

【高額医療費が一部戻らないケース】
・高額医療費は、医療広域連合の査定検証によって減額されることがある。
・その減額分は患者の過剰支払いであり、基本的には病院に請求できる。
・但し、この件については病院・広域連合・市役所からも連絡はない。
・病院への請求は交渉が面倒であり、減額が数千円なので私は請求しなかった。
・ただ、数万円になっていれば交渉すべきと思っている。

【高額医療費が大幅に遅れるケース】
・病院の医療費請求を査定する広域連合の仕事は、大幅に遅れることがある。
・それによって本来3ヶ月後の支給が大幅に遅れ、5ヶ月遅れになったこともある。

以上は、私どもが実際に体験したことであり、現実にこのようなことが患者任せになっていることに、怒りを通り越し呆れています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする