Amazonプライム会員、いつの間にか勝手に登録されていた!

これで2回目、Amazonのプライム会員にいつの間にか登録されていました。

まったく登録した覚えがないし、いつの間にか勝手に登録されたようにしか思えません。

ただアマゾンでは、商品を注文するときにプライム会員になる意志が無くても、よっぽど注意していないと会員登録してしまう巧妙な仕掛けがあります。

私は一度この仕掛けにハマったので常に注意しているのですが、ひょっとするとまた仕掛けにハマってしまったのかも。まったくその覚えはないんですが、支払い請求(月々400円)が来ているので、2回目のミスをしてしまったようです。

Amazonプライム会員の解約手続き

すでにクレジットカードでの請求(1ヶ月分:400円)がきたので、それ以降の請求がこないように解約手続きを行いました。

請求確定後の解約手続き

すでに請求が確定している場合の解約手続きは、以下の方法となります。
1)Amazonのサイトを開いてサインインします(https://www.amazon.co.jp/)
2)右上部の「アクント&リスト」から「Amazonプライム会員情報」をクリック
3)左メニューの「会員資格を終了する」をクリック
4)移行したページの「会員資格を終了する」をクリック
5)更に確認するページで「解約する」をクリック

これで解約手続きは完了となります。

なお、既に請求が確定している400円分については、払い戻しの依頼をしていますが、結果は後日に記載します。

無料期間1ヶ月以内の解約手続き

プライム無料使用期間(1ヶ月)であれば、解約は以下の手続きとなります。
1)Amazonのサイトを開いてサインインします(https://www.amazon.co.jp/)
2)右上部の「アクント&リスト」から「Amazonプライム会員情報」をクリック
3)左メニューの「自動移行しない」をクリック
4)次に開いたページの「会員資格を継続しません」をクリック

これで会員登録手続きは解約となり、会費の請求はありません。

Amazonのプライム会員への巧妙な仕掛けとは?

私は「プライム会員」になるつもりがないのですが、アマゾンの巧妙な仕掛けに再びハマってしまったようです。

このミスは今回で2回目ですから全ての仕掛けを知り得ていないのでしょう。

正式なAmazonプライム会員の登録法

プライム会員に登録したいとの意志がある人のために、アマゾンはサイトの右上部に登録場所を設けています。
1)Amazonのサイトを開いてサインインします(https://www.amazon.co.jp/)
2)右上部の「すぐ登録 プライム」の「次に進む」をクリック
3)開いた下部に「プライムに登録する」をクリック

これでプライム会員の登録が完了します。

しかし、私はこの手続きを1回もしたことが無いにもかかわらず登録されてしまったので、これ以外の仕掛けにハマり、プライム会員に知らない間に登録されたものと思います。

別のAmazonプライム会員登録の仕掛け!

会員登録の意志の無い人がハマりやすい仕掛けを、アマゾンは商品購入ページに巧妙に作っています。

私のように会員登録の意志がまったく無いのに、登録されて請求書が届くわけですから、その意味でも仕掛けが巧妙で、購入手続きをしているうちにミスをしてしまう事実に驚きがあります。

1)商品購入時に「お急ぎ便」を選ぶとプライム会員に登録されるようです。
  私はお急ぎ便は選んでいませんが、会員登録されたのでアマゾンに質問した。

【アマゾンの回答】
7月2日に当サイトにて『EPSON エプソン IC4CL46 4色(BK/C/M/Y)マルチパック 汎用・互換インク』をお買い物をされていらっしゃいますが、お急ぎ便等の有料コンテンツ等をご利用いただいている履歴が一切ございませんので、当サイトを閲覧中、誤って無料会員へ登録された可能性が高いと推察されます。

※閲覧中に誤って無料会員へ登録されるって、どうゆう仕掛けなのよ言いたいし、単なるミスではないような気がしています。

まとめ

とにかくアマゾンは、プライム会員登録でお金を集める仕掛けを作っているので要注意です。

今回で2回目の意志なき入会手続きがされましたが、解約手続きにより会費は返金されることになりましたので、金額的な損失はありませんが、時間的な損失は発生しています。

でも人によっては、うっかりして損失が発生していることもあると思うし、油断すると私も3回目のトラブルが起こるのではと思っています。

アマゾンのプライム会員登録の仕掛け、恐ろしや!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする