鶯や雨にも負けず鳴く夜明け!

本格的な梅雨に入り今朝も本降りの雨、それでも5時頃から鶯(うぐいす)が鳴き始めました。

雨に濡れてさぞ冷たかろうと思うけど、雨ニモマケズ泣き続け9時頃になってようやく静かになりました。

”鶯や雨にも負けず鳴く夜明け”

我が家の隣には大きな梅の木があり、毎年鶯が来て早朝から鳴いています。

鶯が来るたびに、ああ今年も来てくれたかと安堵しています。

鶯も最初は鳴くのが下手ですが、次第に上手になっていくので楽しみながら聞いていますが、そのうちに早朝から鳴いているのが煩いなと思うこともあります。

いま、我が家は家内の病気入院の状態が悪く、気持ちも沈みがちになっています。

糖尿病の合併症で脚を切断し、その2ヶ月後に胆石がひどく胆嚢摘出手術をして、その1ヶ月前後からひどい吐き気と下痢で食事も摂れない状況に陥っています。

ここ数日は、食べてないのに吐いており、どうやら吐いて出てくるのは「胆汁」のようです。

これまで胃カメラ、大腸内視鏡、便・尿検査などやってきましたが、原因を特定できず有効な治療が出来ていません。

そのため来月早々に大病院に転院して治療を受けることになりました。

どうも治療が後手後手になっているような感じなので、本気で転院を考えなければならない時期になったと思いました。

転院はこれまでいた病院の承諾と紹介状が必要なので、多少やりにくい点があるのですが、命に関わる病気なので真剣に話し合おうと思っています。

問題はどこの病院に転院を希望するかであり、それも重要な選択になります。

今回、転院が決まった大病院は救急病院の指定でもあり、一時的な治療転院です。

この病院は我が地域では最高の病院ですが、長期入院は受け入れていないようなので、糖尿病治療としての受け入れは困難かもしれない。

一度、相談して状況を把握しようと思っており、もし受け入れてくれれば良し、駄目なら適切な病院選択のアドバイスを貰おうと思っていいます。

鶯が雨ニモマケズ鳴いているのが、我が家の元気づけになることを期待して!

【追記】
7月25日、関東はようやく梅雨が明け今日から30度以上の真夏になりそうです。

それを喜んでか今朝から蝉が鳴き始め、我が家の庭に蝉の殻もありました。

なのに通年であれば、この時期には鶯は居なくなっているのに、今朝も鳴いているのは異常なのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする