●生活日記一覧

認知機能検査イラスト16枚の覚え方とコツ|高得点で一発合格する方法

私はこの方法で100点を取りました(証明書付きです)。75歳以上の運転免許更新で必須となった「認知機能検査」、このテストで最も高配点で難関なのがイラスト16枚を覚えること、これを攻略しなければ一発合格はありえません。このイラスト以外の問題は、誰でもほぼ問題なく出来るので心配ないと思います。そこでイラストの事例集を用いて実際にやってみましたが、年齢に拘らずけっこう難しいと思いました。これらから合格ラインは安全を見て、最低でも14枚は覚える必要があり、覚え方・コツを掴まいといけないのではと考えます。

認知機能検査の体験記(談)-受験準備をしたので楽勝でした!

昨日、近くの警察署で「認知機能検査の体験」をしてきましたので、概要を記載していきたいと思います。私は受験に際しある程度の準備をしておりましたので、認知機能検査の中で最も難しい16個のイラストの解答も、全てスラスラ記入することが出来ました。試験会場では受験準備を怠ったのか、イラスト解答で苦戦する人もいましたので、できれば事前に訓練をした方が良いと私は思いました。

高齢者の運転事故の予防・防止について|心身を鍛える心構えの大切さ

高齢者の運転事故、特に逆走、ブレーキとアクセルの踏み間違い、歩道運転などが高齢者独特の現象として問題とされています。これらはいずれも識別・判断ミスと思われますが、高齢者は日頃から心身の衰えを自覚し、日常的に鍛える心構えが必要不可欠と考えます。一見、車を運転するという作業はスポーツとは思えませんが、ミスをすれば人身事故に繋がる重大な行為なのです。しかし、それを認識する意識が一般的に希薄になっており、運転する人はスポーツをする人のように心身を鍛えていないのが殆どでしょう。でも、それが間違いであり、特に高齢者は心身の衰えが顕著に出てくるので、運転する人は日頃から心身が正常に機能するように鍛錬することが必要であろうと思います。

キッチン換気フードの金網が酷い油汚れ!2年ぶりに清掃に挑戦!

2年ぶりにキッチン換気フードの金網の清掃に挑戦しました。金網には油がこってり付いていて換気効率は15%程度、清掃をしなければと思いつつ手間と面倒くささで放置していました。清掃をするなら汚しても問題のない庭の水道受け皿を使うしかないが、温かい季節(汚れが落ちやすい)は蚊が多くて嫌だし、寒い時期は汚れが落ちにくい、これが2年間も放置した理由でもあった。しかし、いよいよ換気も出来ない限界に近づいたので、12月だけど思い切って清掃をすることにした。

定年後の夫婦の過ごし方|ストレスの無い暮らし方の1例

定年後の夫婦の過ごし方によっては、特に奥さんがストレスを生じることがよくあるとテレビなどでも放送されています。今まで会社勤めであった夫が一日中家に居て、それがストレスの原因になるんですね。でも、定年後に仕事ができない人もいるので、そのような場合はどのように対処すればよいか夫は考える必要があります。

ファミリーエナジーの電話勧誘で電気料金の支払い先変更の話があった!

今日、ファミリーエナジーという会社から電話があり、電気の支払い窓口を当社に変更すると5%ぐらい安くなるとの話があった。 聞いてみると現在の電気代の請求は、東京電力エナージパートナー(株)が窓口であり、電力料金の算定は簡略法で高めの支払いになっているとのこと。 その点、ファミリーエナジーは詳細に計算するので安くなる、従って当社と契約しないかとのことであった。